弁護士は人に因って収入が全然違います

法律に不案内な人に代わって弁護を担当してくれるのが、弁護士です。
法律に詳しくない人が法律問題に巻き込まれた時は、とても不安になるものです。
しかしそんな時でも、弁護士が味方になってくれれば、不安もだいぶ軽減する事が出来ます。
弁護士と言うのはクライアントが最も有利になる様に弁護をしてくれますから、大船に乗った気でいられるのです。
そんな頼りがい抜群の弁護士ですが、その収入は人に因ってかなりの格差があります。
弁護士の中には年収1000万円を稼ぐ人も居れば、一般的なサラリーマン程度の年収しかない人までいるのです。
一般的に弁護士と言うと物凄く稼いでいるようなイメージがありますが、実際の所はそのように稼いでいる弁護士は本の一握りだけだと言えます。
なぜ同じ弁護士なのに、そのように年収に格差が生じるのかと言えば、それは能力と弁護をする目的だと言えるのです。
一般社会では能力の高い人が高い年収を得ていますが、弁護士の世界にも例外ではなく、弁護士としての能力が高い人が高い年収を得ています。
弁護士と言うのは、如何にクライアント側に有利に事を運ぶかにかかっていますから、その能力が高い人が高い報酬を得られるのです。
法律を良く知っていても、それを使いこなせない弁護士では、クライアントを勝利に導くことができませんから、一概に法律の知識が豊富な弁護士が良いとは限らないのです。
また最初からお金が目的で無い弁護士も居ます。
弁護士はそもそも法律に詳しくない弱者を救う事を目的としていますから、その使命を全うする事に邁進して、お金にはあまり執着しない人がいるのです。
例えば国選弁護人をする人がそれに該当すると思います。
国選弁護人はお金がなくて弁護士を雇えない人に、国が選んだ弁護人を紹介するものです。
国選弁護人は低い報酬で弁護を担当してもらえるので、お金がない人でも弁護士を雇うことができるのです。
この国選弁護人は報酬が少ないですから、お金の為に弁護をしているような人はやらないので、純粋に困っている人を弁護したいという弁護士の基本理念に則った人だけがしています。
弁護士はこのように、目的をどこに据えるかで、収入が全然違ってくるものなのです。